【「相対的幸福」「絶対的幸福」って?】 〜哲学者アダム・スミスの幸福論に学ぶ〜

「どうしたら幸せになれますか?」というご相談をよく承ります。

そもそもあなたが考える幸せって何ですか?

 

アダム・スミスは自著『道徳感情論』で、人の幸福には、「相対的幸福」と「絶対的幸福」があるとしました。結論的に真の幸福は「絶対的幸福」を実現していく過程にあると言及しました。

経済学の父と称されるイギリスのアダム・スミスは、世界的経済学者でもあり、著名な哲学者、倫理学者でもありました。

 

「相対的幸福」とは、財力や社会的地位、名声や能力といった、自分と他者とを比較をして社会的に相対的優位性を得る幸福です。物質的や生理的なもの、健康面や人間関係など外面的欲求は一時的に満たされても、持続性がない幸せです。

「絶対的幸福」は、自分ので中に本来備わっている良心に従って、自己改革していき、より成熟した自分を創造していくプロセスの中に見いだす幸福です。目の前の出来事に一喜一憂しない、何ものにも崩されない確かで永続的な幸福とも言えるでしょう。

 

「なんで自分は普通に幸せになれないんだろう?」
「自分が幸せじゃないのは◯◯のせいだ」などと悩み嘆いている人は、この相対的幸福を求めてもがいています。

人間の欲望はとめどなくキリがないので、一旦は幸せだと感じても、ちょっとするとまた不平不満に陥ってしまい、幸不幸のアップダウンを繰り返します。

 

外的な条件が満たされた時に得られる相対的幸福。その外側の条件が崩れると、幸せも感じられなくなってしまいます。

そう言った相対的幸福を求めて右往左往していると、生きづらさを感じるようになってしまいます。

かつての私のように苦しんでいる方に少しでも楽になってもらいたいという想いから日々綴っています。

 

絶対的幸福であるためには、自分軸を確立していくことが重要です。周囲の価値観や既成概念、世間の評価や固定観念などを基準にしないで、自分の気持ちを大切にしていくことです。

どんなことがあっても、だれとどこにいても、生きていることそれ自体が幸せだなぁって思えるのが絶対的幸福です。

人間として避けられない四つの苦しみとされている生老病死(しょうろうびょうし)でさえ、悩み事ではなくなります。生老病死は、生まれること、老いること、病気になること、死ぬことです。

 

何があってもなくても、ありがたいなぁという境地で、本当に幸せだと感じられる穏やかな人生でありますように。いつもここから応援しています。

投稿者プロフィール

渡辺 恭代
渡辺 恭代心理カウンセラー・メンタルヘルスコーチ
【「生きづらさ」から「生きやすさ」へ】

HSP気質とゆるく共存する元ACでございます。人生の苦楽を共にしながら、本当に望む人生創りのサポートを承っております。

お好みの以下リンク先でもお逢いしましょう。

コメントを残す