不満が増大する今年の振り返り

2018年はどんな一年でしたか?

年末によく聞く話題ですね。

無限大の可能性を持つ自分自身。

その自分軸からずれた振り返りをしている方が少なくありません。

いろいろな方のお話を伺っていて、ここ数日感じていることです。

主体者は誰ですか?

パートナーや家族、学校や会社がどうだった。

それで?!あなたはどうだったの?と聞きたくなります。

主語が他者で、ご本人がいないのです。

あの人はこんなにすごかったけど、私なんかは大したことなかった。

他者との比較による自己卑下もよく聞きます。

目の前の出来事に一喜一憂し、心も不安定で体もしんどかった。

◯◯のせいでこんなふうになった。

自他を責めたり不平ばかりぶちまけたりしている方も見受けられます。

ご自分から発せられた悲しみや憎しみ、不満や怒りの波動は周囲にも広がってしまいますよ。

希望に満ちる振り返り

深呼吸をして、意識を本来の自分に戻していきましょう。

主語も私にすることをおすすめします。

私は何をどう感じたのか?

ないものより、あるもの。

できなかったことより、できたことに着目してあげましょうね。

神さまがどんな人をも包み込んでくださるように深い愛をもって。

ただただ感謝、そして感謝。

自己変革のチャレンジが大好きな私の2018年。

おかげさまで今年も大飛躍させていただきました。

人間性や心身、人間関係や経済力。

夢やライフワークも更なる変革を遂げました。

折々に支えてくださった方々のことを想うと感謝の涙が溢れてきます。

心より感謝申し上げます。

本当にどうもありがとうございました。

更にパワーアップして、このご恩に報いてまいります。

「どうもありがとう2018♡大円満☆」埼玉県,December 2018
「どうもありがとう2018♡大円満☆」埼玉県,December 2018