神々に祈りは届く

11月7日、宇宙連合司令官・アシュタールをチャネリングするDr.テリー・サイモンの集いに参加させていただきました。

Ashtar & Dr.Terry Symons(「Cosmic Vision Quest vol.75」株式会社ダイナビジョン発行)より

Ashtar & Dr.Terry Symons(「Cosmic Vision Quest vol.75」株式会社ダイナビジョン発行)より

 

ご興味がある方は、フリーマガジン「Cosmic Vision Quest vol.75」(株式会社ダイナビジョン発行)で詳細をご確認くださいね。

アシュタールは仏陀やイエスキリストなど高次元の存在と共同で働いている11次元の光の存在。

そのアシュタールがユーモラスに、時に真剣に語る大宇宙航海の物語。

自分もまるでその広大な旅に同行させてもらっているような不思議な感覚に。

 

アシュタールもテリーもとってもパワフルで、愛に満ち溢れていました。

深いところで共鳴している感じです。

そして真剣に、いな楽しく、いま一度自分に何ができるのか感じて、思いついたことを感じたままにやってみようと思いました。

 

「どうしようもない状況になった時、アシュタール助けて!どうすればいい?!って呼んでもいいんだよ。」

「そうしたら駆けつけるからと。」

そうアシュタールに言われ、寝る前に最近気になっていた素朴な疑問を投げかけてみました。

目覚めて、その答えに涙があふれてきました。

 

 

神々と神聖なる私との共同創造

 

これがふと降りて来たキーワードでした。

 

アシュタールいわく2000回以上転生を繰り返しすという我を生きる壮大なヒストリー。

夢で見た映像はいくページにも及んでいました。

各パーツの配置はまことに絶妙。

それが最善最良のものだと神々も私もわかっている。

そこには何の疑いも、不安も、恐れもない。

何ものかにやらせている感も全くない。

そうすることがとてもスムーズで当たり前な感じ。

感嘆の声をあげるほど精巧で美しい神々との共同作業で創りあげている広大なストーリー。

このような私に分かりやすい形で疑問に回答してくれたアシュタール、ブッダ、神たち。

 

心の底から感謝。

深々と合掌。