【生きることが辛いなら】 〜『ユタと不思議な仲間たち』 より〜

拍手喝采 鳴り止まぬ
大好きなミュージカルの一つ

ユタと不思議な仲間たち
(主催:浅利演出事務所/協力:劇団四季)
が表現し続けるテーマは

「生きることの素晴らしさ」
「生命の尊さ」とのこと

 

 

大変ありがたいことに
自由劇場の公演初日の
2021年10月22日に鑑賞する
機会をいただきました

 

東日本大震災で
未曾有の被害を受けた
東北地方を舞台に

家族の事情で都会から転校してきた
いじめられっ子の主人公の少年が

天災で生存することが難しかった
座敷わらしとの魂の交流で

生きとし生きるものの尊さや
生きていく上で大切なことを
徐々に身につけて

見えない仲間や見える友達らと
キラキラ輝いてゆくストーリー

 

原作は岩手県出身の
三浦哲郎著の同名小説

演出は劇団四季創始者でもある
浅利慶太氏が手がけ

現在でも社会問題となっている
いじめに焦点をあてた作品

 

楽曲は思わず口ずさみたくなる
三木たかし氏作曲の
「友だちはいいもんだ」や

三味線に太鼓や尺八といった
和の要素なども盛り込まれ
演出に彩りを添えていました

ビックリ玉手箱のような仕掛けも
存分に楽しませていただきました

俳優陣の歌やダンスや表現力に
魅了されっぱなしなのは
いうまでもありません

言語は岩手県出身の母をもつ私には
ことのほか親しみが湧く東北弁

なんとも言えない人情味を感じ
最愛の母の故郷を想い出しました

 

 

なんらかのご事情で今
生きづらさを感じているあなたも

絶賛の本芸術作品を通して
「生きることの素晴らしさ」を感じ

生きやすくなっていただけたらな
と思いシェアさせていただきました

 

 

ミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』にご興味のある方は併せてこちらもご覧いただければと思います。

【感じ合うぬくもり】〜心と心で語り合う〜

 

投稿者プロフィール

渡辺 恭代心理カウンセラー
【生きづらさを生きやすさへ】

「自分で自分を癒せるようになる」サポートをさせていただいております。

コメントを残す