飲まなくても効く【漢方】

お香セラピー

 

今回の動画版はこちら

 

↓この動画の文章要約版は以下の通りです↓

無添加の漢方お香は、

天然のアロマセラピーと同じように

臭覚を使ったセラピーです。

お香療法とも呼ばれています。

お香自体が貴重な万物の結晶です。

 

天然お香の元になっている植物は、

大自然の気候や土壌、

雨や風、日照時間などが

うまい具合いに相まって

独特の香りを放ちます。

今のところこの地球には

植物が大体40万種以上あるらしいです。

想像がつかないものすごい数ですよね。

その中でも香りがあるものが三千ぐらい。

よく使われる漢方の材料が約5百。

 

その中でも、漢方として使えるようにするために、

ものすごい手間暇がかかるものも多々あるそうです。

お香の歴史

古代中国ではこうした薬材は

国外からお取り寄せしていて

数量もごくわずか、相当高価なものでした。

お香を作る工程も現代よりとても複雑で

お香はリッチで優美な贅沢品。

 

家柄や権力の象徴でもありました。

お香をたしなむことができるのは

限られた人のありがたい特権だったんです。

煙がゆらゆらと舞いあがって

そのエネルギーと共に想いまでもが

自分や大切な人たちなどの心身や

亡くなられた方々の魂や

さらに遠い果てまでも

届いているような

視覚からの感覚も

楽しみの一つです。

 

ですから私は瞑想をする時には

目を開けて、

お香の煙だけをただ眺めていると

心もまったりしてきます。

 

 

 

私がお香について学ばさせていただいたのは台湾。

台湾や中国のお香の歴史や

最新科学が証明するお香の心や脳波、

チャクラやオーラレベルへの効果も

今後ご紹介させていただきますのでお楽しみに。

ご覧いただき、どうもありがとうございました。

 

※新型コロナウイルスで亡くなられた世界の方々のご冥福を心よりご祈念しております。合掌

 

 


YouTube動画への肯定的な評価やコメント、
チャンネル登録で応援もよろしくお願いします。

 

無料メールマガジンのご登録で

【自己肯定感がアップする】ワークシートをプレゼント

 

Lineお友達追加で、心身と魂に効く無料特典配布中

ID検索から「@yasuyo.gongdai」で追加も可

 

 

 

Follow me!

コメントを残す