自分を感じる力を高める練習

 

ボロボロだった私の心身を安定に導いてくれたアジア屈指の台湾スピリチュアルスクールSatDharma Institute。

2014年からご縁し、そこで開講されているワークショップに参加してきました。

今はteacher養成コースを受講し、学びを続けています。

 

その過程で、本当に色々な方たちとご縁させていただいています。

以前の私のように不定愁訴を抱えている人はもちろん。

自閉症や重度のうつ病、末期ガンなどなど。

そのような方々がどんどん元気になっていく過程を目の当たりにしています。

 

体が不調の人は、大抵心も弱っています。

自信がなくてやりたいことができなかったり。

感情をコントロールできず人間関係に支障が出ていたり。

自分や周囲の人たちや環境に慢性的に不満を抱えたりしています。

 

スピリチュアルスクールで学んだ心身安定の基本中の基本

この奇跡を産み出すスピリチュアルスクールが何を教えてくれるのかよく知らなかった私。

そこで1番初めに学んだのは自分を感じる力です。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚。

五感をフル活用して、今この瞬間に自分は何をどう感じているのかを観察します。

視覚や聴覚などに障がいがある方は必要なサポートを受けながら練習は繰り返し行われます。

 

そして感想をメモしたり、グループでシェアしたりします。

こうしてアウトプットすることで、自分の感覚を整理できたり、確定できたりする利点があります。

 

初めはこんなワークが心身の安定にどうつながっているのだろうかと疑問でした。

今だから自分を感じることの重要性が分かります。

五感が研ぎ澄まされてくると、第六感のインスピレーション力も開かれていきます。

心身が安定すると課題解決や夢実現も加速し始めます。

 

日頃何気なく使っている五感。

いつもよりもう少しだけじっくり感じてみること。

自分が何をどう感じているのかをよく観察してあげる。

それが心身安定の重要性な第一歩だと思います。

 

ここまで、ブログを読んでくださり、どうもありがとうございます。

セルフケア力が増すエネルギーをお送りします。

「癒しの光は自分の中に」Photo by Yasuyo Watanabe,台湾,September 2018

「癒しの光は自分の中に」Photo by Yasuyo Watanabe,台湾,September 2018